DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

キャディバッグ収納力を徹底比較

メルセデス、ジャガー、他~キャディバッグ、入るか入らないか!?真横か斜めか!?それが問題だ! 第1弾

GDOリニューアルに合わせ、クルマ企画も新コンテンツをどんどん拡充予定。第1弾は、ゴルファーが最も重要視するクルマの性能のひとつであるトランクのチェック。絶対的容量はもちろん大事だが、性能はそれだけでは決まらず、形状、(キャディバッグの)出し入れのしやすさなども重要。キャディバッグを最大4つ、実際に積んでチェックした。取り扱い車種は今後も随時追加していく予定。

★メルセデス・ベンツ GLK350 4マチック
ラゲッジ容量450L(VDA)

BMW X3をはじめCセグメントのセダンをベースとした小型SUVを長らくもたなかったメルセデス・ベンツだが、2008年に満を持してこのGLKを発売した。「K」はドイツ語で「短い」という意味の単語の頭文字で、SLとSLKと同じ関係だ。構造上左ハンドルしかないので、日本での売れ行きは大ヒットとはいかないが、ジャストサイズと素直なハンドリングで街乗りも長距離も“疲れない”SUVだ。

写真:左 キャディバッグ1個の場合/写真:右 最多積載数3個

張り出しのない形状だが、クルマのサイズが

張り出しのない形状だが、クルマのサイズが限られていて絶対的な容量はそれなり。

リアシートを倒さないとひとつが限界だが、

リアシートを倒さないとひとつが限界だが、分割でどちらかを倒せば楽々3つ載る。

★メルセデス・ベンツ E350 ブルーテック・ステーションワゴン
ラゲッジ容量600L(VDA)

世界中で最も売れるメルセデスであるEクラスのステーションワゴン。ワゴン化してもセダン同様のフォーマル度合いを醸し出せるのはメルセデスのなせる業だろう。それでいてワゴンの本分たる積載能力もしっかりと確保されているのはさすがだ。張り出しのないスクエアな形状で、絶対的容量も600Lと申し分ない。トノカバーよりも上を使えば容量はもっと増えるし、リアシートを倒せば途方もない容量を得られる。

写真:左 キャディバッグ1個の場合/写真:右 最多積載数4個

当然のごとく真横にキレイに収まるが、実は

当然のごとく真横にキレイに収まるが、実はこのサイズでも輸入車だと珍しい。

素直に4つを飲み込むお手本のようなラゲッ

素直に4つを飲み込むお手本のようなラゲッジルーム。その気になれば5つも可能だ。

GDO オリジナル GDO ORIGINAL

今回の使用キャディバッグ
GDO オリジナル GDO ORIGINALコーデュラ(R)製 スタンドキャディバッグ
9型 、クラブ対応長さ 47インチ
※撮影時はドライバー長46インチを使用


  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  3. 3
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  4. 4
    DRIVE
    2015/06/11

    男子プロゴルファーのクルマ 第1弾

  5. 5
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  6. 6
    DRIVE
    2015/06/25

    女子プロゴルファーのクルマ 第3弾

  7. 7
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  8. 8
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  9. 9
    DRIVE
    2015/05/07

    女子プロゴルファーのクルマ 第1弾

  10. 10
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…