COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

アーリーバード&午後スルーだけじゃない!

通常スタート時間のスループレーを
楽しむゴルファーが増えているワケ

プレースタイルの多様化により、ハーフターンで休憩を挟まずに18ホールをラウンドするスループレーが一般的になってきた。特に夏場は早朝にスタートするアーリーバードを導入するゴルフ場も増えている。そんな中、最近ニーズが高いのが通常のスタート時間帯でのスループレーだ。その背景には真剣にゴルフと向き合いたいというプレーヤーの増加があるようだ。

取材協力:東京湾カントリークラブ

早朝&午後スルーのメリット

利用するゴルファーが増えている早朝スループレーにはいくつかメリットがある。ひとつは暑さを避けて快適にラウンドできる点だ。早朝4時台にスタートすれば9時頃にはホールアウトが可能。一番暑くなる前にプレーを終えることができるわけだ。また、午後に別の予定を入れられるため、時間を有意義に使えるという面もある。他にも、朝と夕方の渋滞を避けられる、プレーフィがリーズナブルというメリットも挙げられるだろう。一方、同じくプレー代が安い、午前中ゆっくりできるという点で午後スルーを利用するゴルファーも多いようだ。

プレー途中に食事をとるスポーツはゴルフだけ!

「時間が有効活用できる」「プレーフィが安い」などのメリットがあるが、そもそもスループレーを利用するゴルファーが増えてきた背景には別の理由もある。プロの試合ではスループレーが当たり前だし、ゴルフをスポーツとしてとらえればプレーの途中でランチを挟むというのはどこか不自然のように思える。他のスポーツを見てみても、野球やサッカーでプレー途中に食事の時間を設けている競技はない。そう考えれば、スループレーでラウンドすることは自然なカタチといえるのではないか。

ゴルフを楽しむ人に支持されるスループレー

「調子がよかったのに食事を挟んだ午後のラウンドでスコアが崩れた」という経験は誰にでもあるはず。どんなスポーツでも、パフォーマンスを発揮するためにはリズムや流れという要素は不可欠だろう。プレーを中断して食事をとるよりも、スルーでラウンドした方が良いリズムが生まれるのは当然だ。
これまで、日本のゴルフがビジネスマンのコミュニケーションツールとして発展してきた経緯を考えると、ハーフターンで食事をとることも大切な要素だったのかもしれない。しかし、今の日本にはゴルフをスポーツとしてとらえ、純粋にプレーを楽しむ文化が根付いてきた。スループレーを利用するゴルファーが増えてきたのはそんな背景がある。


  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを 楽しむゴル…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がり ゴ…

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー 美奈木ゴルフ倶…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/08/20

    隠れた日本の名コース 富士カントリー可児クラ…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/09/25

    繊細に作り出したダイナミック 上田治、そのル…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/10/09

    隠れた日本の名コース 久邇カントリークラブ(…

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/04/24

    河川敷コースにはレベルアップのヒントが盛りだ…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/06/17

    1日2ラウンドで短期集中レベルアップ!