COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

スリリングなパットが楽しめる速いグリーン

さらなるクオリティを求め、芝種転換する

沼津国際CCは、今年からさらにクオリティの高い第四世代のベント芝へ芝種転換する。今年の秋からは、これまで以上に滑らかな転がりを楽しめるそうだ。触るだけで速度が出てしまうようなスピード感、シャープに曲がるラインを読み切ってシビれるパットを楽しもう。

最速はプロも怖がる14フィート!

一般的なコースのグリーンの速度は9.5フィート前後だが、速さを追求する沼津国際CCでは通常10~10.5フィートのスピードが楽しめる。11月から3月はさらに速く、受けグリーンで上り傾斜から打つと、ボールが転がり戻ってグリーンの外へ出てしまうこともあるそうだ。「面積が小さくフラットな面が少ないため、計測できませんが14フィートくらい出ていることもありますね」。14フィートといえば、トーナメントでも「速すぎて打てない」といわれるほどのスピードだ。

沼津国際CC 箱根コース13H・493 Y・Par5・Bグリーン

転がりを追及して芝種を転換

2000年からペンA2というニューベント芝を採用してきた沼津国際CCは、今年はさらに新しい芝種に変える予定だそうだ。「ペンA2は第三世代の芝種ですが、今は『V8』や『シャーク』など、第四世代の芝が登場しています。第三世代よりも耐暑性に優れていて病気になりにくい特性があり、管理しやすいというのが採用を決めた理由のひとつ。また、第三世代よりもさらに直立型で目数が多い芝なので、上手く育成できればスムーズに転がるグリーンも作りやすいんです」

沼津国際CC 箱根コース15H・381Y

沼津国際CC 箱根コース15H・381Y・Par4・Bグリーン

今秋には新たなグリーンでプレー可能

メイングリーン、サブグリーンともに夏までには芝種を転換し、今年の秋には新たな芝種のグリーンを体感できるという。今は、練習グリーンを使って第四世代の芝の中でどの品種がもっとも沼津国際CCの土壌に合うのかを調べている最中だそうだ。「沼津国際CCに足を運んでくれるゴルファーの約8割がグリーン目当て。これからもプレーヤーの期待を裏切らないグリーンを作り続けていきます」。

沼津国際CC 箱根コース16H・208Y

沼津国際CC 箱根コース16H・208Y・Par3・Bグリーン

速いグリーンの違いを楽しむゴルファーに

もちろん、沼津国際CC以外でも滑らかでスピーディな転がりのグリーンを楽しめるコースもある。沼津国際CCのように低刈りをしてスピードを出しているコースをはじめ、ローラーをかけて速いグリーンを作っているコースなど、色々なコースに出かけて転がりの違い、芝目で曲がり方、切れ方がどう変わるのかなどを感じれみては? これまで以上にプレーの喜び、ゴルフの醍醐味を感じられるはずだ。

沼津国際CC 箱根コース17H・438Y

沼津国際CC 箱根コース17H・438Y・Par4・Bグリーン


  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを 楽しむゴル…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  4. 4
    COURSE NAVI
    2016/09/08

    「大地の巨匠」六甲国際ゴルフ倶楽部

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/01/09

    トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー5に隠…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/10/16

    7730y&高速グリーンでコースレートNo1…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がり ゴ…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー 美奈木ゴルフ倶…

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/10/09

    隠れた日本の名コース 久邇カントリークラブ(…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/11/06

    隠れた日本の名コース 奈良カントリークラブ(…