プレー&レッスン最新理論から手軽にできるメソッドまで、上達に役立つ内容が盛りだくさん

自由に握れるからこそ工夫のしがいがある!

パターのグリップでカップインの自信が超倍増!!
あなたに最適な握り方はどれ?

引っ掛ける、押し出す、打ちきれない、打ち過ぎる、スライスラインが苦手、フックラインが苦手などなど、パットの悩みは尽きないもの。そんな悩みはありつつ、ストロークの改善に努めるものの、改めて自分の握り方を一から試行錯誤してみようと思う人は少ないはず。しかし、パットはショットよりも、握り方の自由度が高いので、自分にピッタリの握り方を見つければ、慢性的な悩みを即座に解消することだって可能なのです!(解説:中井学、協力:東宝調布スポーツパーク)

基本イメージは手のひら"平行合掌"スタイル!

自分にピッタリの握り方を見つける前に、パッティンググリップの大元となる原型を知っておくことが肝心です。このように、手のひらがシャフトに平行になるようにして、グリップを両サイドから挟む"平行合掌"スタイルがグリップイメージの基本となります。正面から見て合掌状態。左手が被っていたり、右手が被っていたりという捻じれがないように!このイメージで握ることで、パターの設計通りのライ角で打つことができ、方向性も転がりも良くなります。

このようにシャフトと手のひらを平行にする

このようにシャフトと手のひらを平行にするイメージを持つことがよいグリップへの第一歩

左写真のように、ショットのグリップと同じような感覚で握ってしまうのは、あまりオススメできません。右写真のように、手のひらとグリップが平行になるように握ることで、パターのライ角に合った自然なグリップが可能となるからです。これをベースにして、出発点となる2つの握り方から試行錯誤を始めましょう!

ショットと同じように握ってしまうとパター

ショットと同じように握ってしまうとパターのライ角どおりに構えることが難しくなります

基本A:スタンダードグリップ

平行合掌スタイルを一番最初の出発点として、左手を右手よりも体に近いところで握るのがスタンダードグリップです。つまり、手の前後の位置関係はショットのグリップと同じ。グリップは、左右ともに手のひらに平行。左右ともに、親指と小指の先を合わせた時の、手のひらのくぼみに沿ってグリップが収まります。

スタンダードグリップの基本形

ショットのグリップとは違い、手の余計な動きを抑えるために、左手の人差し指を右手の上にかぶせる、いわゆる逆オーバーラッピングと言われる形が基本になります。左手と右手のセパレート度合いに関しては、左手の人差し指を、右手の中指と薬指の間に添えるようにすることを、最初の基準としましょう。それを基準として、もっと左右の手の距離を縮めたり、広げたりすることで、自分に合ったグリップへと調整しますが、まずはこれが基本形となる握り方です。

左手の人差し指を、右手の中指と薬指の間に

左手の人差し指を、右手の中指と薬指の間に添えるようにしましょう

基本B:クロス・スタンダードグリップ

右手を左手よりも手前に握るのが、クロス・スタンダードグリップです。ショットのグリップとは左右の握る位置が逆になります。手のひらが合掌スタイルでグリップと平行になる基本は同じ。ただ、左右の握るポジションが逆になるだけです。

クロスハンド(右手が上、左手が下)で握る場合の基本形です

ショットと持ち方が逆になるクロスハンドグリップは、変則的なグリップだと受け止められがちですが、試す価値のあるもう一つのグリップであると言って過言ではありません。パットの名手といわれる米ツアープロのジム・フューリックはゴルフを始めた時からこのスタイルで、国内、海外のパッティングの上位にランキングされるプロゴルファーにも、このスタイルは珍しくありません。

右手が使いやすいスタンダードグリップは、ボールを右手でトスするようなイメージで距離の感覚を出しやすいグリップです。それに対して、クロス・スタンダードグリップは、右手の余計な動きを抑えて、方向性を高めることができるグリップといえます。右に押し出しやすい人や、カップを大きくオーバーさせてしまう人なども、試してみる価値ありです。

クロスハンドグリップは変則グリップではな

クロスハンドグリップは変則グリップではなく、スタンダードグリップの1つとして認識しましょう

NEXT PAGE → 基本をおさえたら次はアレンジ!



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    ギア
    2017/03/16

    [PR]アイアンに求めるのは“やさしさ”と“…

  3. 3
    ギア
    2017/03/09

    [PR]“すべてが進化”したという、テーラー…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  5. 5
    ギア
    2017/02/16

    タイトリストドライバー新旧対決

  6. 6
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  7. 7
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  8. 8
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…

  9. 9
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  10. 10
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し