プレー&レッスン最新理論から手軽にできるメソッドまで、上達に役立つ内容が盛りだくさん

(左上から時計回りに)森田理香子、木戸愛
女子プロゴルファー22人にアンケート!

女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は?

スイングは個性であり、ゴルファーの数だけある。最高レベルの技術を体得するプロでさえ個性は存在する。では、そのプロたちは、どんなスイングを理想形とするのか。今回、女子プロにアンケートへ協力いただき、男子プロを対象にあこがれの「スイング男子」を聞いた。女性ならでの、異性に対してだからこそ感じられるスイングの評価が分かるかもしれない。

取材・文/中村 昌生(編集部)

理想のスイング、その基準はプロでもさまざま

手振りを交え、あこがれのスイングを解説す

手振りを交え、あこがれのスイングを解説するイ・ボミ(左)。笠りつ子(右)はスイング機器を手離さず、その熱心な姿勢は回答した選手とダブる(C)圓岡紀夫/GDO

アンケートの内容は、いたってシンプル。自分が理想的なスイングだと思う選手とその理由を答えてもらう。複数選手を回答することも可能だ。ただし、理想的なスイングに関する定義は、選手それぞれに委ねている。明確な基準を設けて回答するプロから、感覚的に回答するプロまでさまざまである。

この手のアンケートは、選手にとってとりわけ真新しいものではない。ただし、その多くは女子プロを対象とするものであり、普段から一緒に練習したり、試合で回ることも多いので蓄積したスイングデータから選出できる。だが今回のように、男子プロを対象とするのは珍しいだろう。そもそもプレー機会が少ないうえに、試合時期も重なることからテレビなどでも目にする機会が制限されるからだ。

国内ツアーのみならず、USPGAツアーまで網羅

そのため、回答に四苦八苦する選手が多いのでは――。そんな心配は杞憂に終わった。むしろ、協力いただいた22人の女子プロの多くは、国内男子ツアーだけではなく、海の向こう、USPGAツアーの情報まで網羅していることに驚いたほど。当初、日本人選手を対象にしていたが、海外選手のみを回答する女子プロも多く、急遽、海外選手もリストに加えることにした。

アンケートの集計結果は、左のランキング表を見てもらいたい。上位にランク入りした男子プロを中心に、次ページからスイング動画をあわせて紹介(スイング動画がない選手も一部いる)。女子プロの回答・理由から共感できた男子プロがいれば、彼のスイングを自分のイメージと重ね合わせることで上達のヒントが得られるかもしれない。

(取材/伊藤園レディスゴルフトーナメント)



  1. 1
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    ギア
    2017/04/28

    【PR】自身最大飛距離へ! 飛距離性能を極限…

  4. 4
    ギア
    2017/03/16

    [PR]アイアンに求めるのは“やさしさ”と“…

  5. 5
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し

  6. 6
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  7. 7
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  8. 8
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  9. 9
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…

  10. 10
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…