ライフスタイルプロ選手やタレントインタビューやさまざまなゴルファーの情熱あふれるエピソード

全米オープン、松山プロ応援企画

LEXUS×GDO Special Tour
第115回全米オープン選手権「松山英樹選手応援ツアー」でのエクスクルーシブな体験

2015年6月18日~21日米国ワシントン州、シアトルで行われた「第115回全米オープン選手権」に出場する、LEXUS所属の松山英樹プロを応援するツアーが今年も開催された。世界4大メジャートーナメントの一つとして数えられている大舞台を、予選2日目から決勝ラウンド最終日まで観戦。参会者はレクサスが運営するVIP専用のホスピタリティテントや出場プロが大会期間中使用するオフィシャルカー、レクサス車両でホテルとゴルフ場の送迎。そして、大会最終日の夕食会では、松山プロが登場し、熱いメッセージや記念撮影、サイン会などの交流も行われ、生でしか味わえない雰囲気を感じながら目の前で繰り広げられる興奮と感動を存分に楽しめるエクスクルーシブな企画が展開された。

スペシャルな旅のはじまりは、ウェルカムカードから

成田からシアトルまで、約8時間のフライト。シアトル・タコマ国際空港からホテルのあるダウンタウンまでは、車で約30分。ホテルの部屋に到着すると松山プロ直筆のウェルカムカードと大会で使用する帽子、そしてレクサスVIP専用ホスピタリティテントと大会入場券がお出迎え。世界最高峰の技術を持った選ばれしゴルファー達が栄冠をかけ凌ぎを削る4日間の大会を楽しむためのアイテム達が、これからはじまるスペシャルな気分をかき立ててくれる。

出場選手と同様にレクサス車でホテルとゴルフ場などの送迎

宿泊先ホテルのシアトル・ダウンタウンから、大会会場まで車で約1時間、タコマの南に位置するチェンバーズベイ・ゴルフコースは、ビュージェット湾を望む美しいロケーション。ツアー参加者は大会期間中、出場選手と同様のレクサス車(オフィシャルカー)でゴルフ場までの送迎付きというVIP待遇。

参加者の女性(41歳)は、「レクサス車は、初めて乗りましたが室内が広くゆったりとしていて乗り心地がいい。室内がとても静かで同乗した方やドライバーとの会話も楽しむ事が出来ました。また、レクサス専用のCDが用意されていて、アンビエントな曲が流れる中でシアトルの街並みから郊外へ向かうハイウェイを眺めていると何とも言えない優雅な時間を過ごすことが出来ました。

レクサス専用ドライバーが会場近くのゲート

レクサス専用ドライバーが会場近くのゲートまで送迎してくれる

そして出場選手と同様の車と言うこともあってか、追い越していく車の窓から身を乗り出すように覗いていく人達。初めは何か分からなかったのですが、ドアとナンバーを見て納得。ツアーに出場する選手と同じオフィシャルカーを使用していたため、地元ゴルファーや大会観戦者がプロゴルファーだと思って覗いていたんですね。

ツアーに出場する選手と同じオフィシャルカ

ツアーに出場する選手と同じオフィシャルカーを使用

また、普段の観戦なら会場から遠い場所のシャトルバスでコースに向かうと思うのですが、このツアーではVIP専用車が用意されているので会場入り口近くのゲートまで行く事が出来ました。この体験は普段味わう事が出来ないので貴重なものとなりました。」

車内にはレクサス専用のCDが用意され、ア

車内にはレクサス専用のCDが用意され、アンビエントな曲とともにゆったりとした時間が流れる

大会期間中のみ使用可能であろう、USGA

大会期間中のみ使用可能であろう、USGAのナンバープレート。これで公道を走れるのがアメリカの凄いことろ

生でしか味わえない雰囲気を感じながら、優雅に観戦を楽しむ

テレビでは感じることのできない臨場感や緊迫感、そして歓声を間近で見ることができるレクサスVIP専用のホスピタリティテントでは、観戦をより一層お楽しみいただくために、朝食や昼食、飲み物などが用意され全て無料で提供される。また、テント内ではレクサス所属の出場プロを呼んでのトークショーやサイン会なども行われた。

レクサスVIP専用のホスピタリティテント。テント内で出される軽食や飲み物は自由にとることができる

参加者の女性(41歳)は、「海外ツアー観戦は初めてですが、大会全体のスケールの違いを感じました。全てにおいてプロ意識が高くツアープロは自分たちの役割をきちんと理解して大会に臨んでいる雰囲気が感じられ、運営スタッフやこのテント内で働くスタッフもホスピタリティの高さに感動しました。

海外のツアー観戦経験のない私にとって、晴天の中で木陰一つないチェンバーズベイ・ゴルフコースはゴルフ観戦するには少し厳しいコースでしたが、レクサスが提供するホスピタリティテントは、まるでオアシスの様な空間でした。

テント内で出される軽食や飲み物も自由にとることができ、モニターを通じて試合のライブ中継も楽しむことができました。しかも10番ホールが目の前と言うロケーションで、選手達のティーショットを間近で見ることができ、臨場感や緊迫感を間近で感じる事ができました。

レクサス専用のホスピタリティテントから、10番ホールをスタートして行く選手を見ることができる

テント内では様々なイベントが行われていてレクサス契約プロ、ビリー・ホーシェル選手との記念写真とサインを頂き、生でしか味わう事ができない雰囲気を堪能しました。」


次のページでは、本企画で実現した「松山プロとの交流会」の様子を紹介します。

契約選手のサイン会やトークショーなどのイベントがテント内で開催された




  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  4. 4
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  5. 5
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  6. 6
    ギア
    2017/10/26

    [PR]な、なんと!7Iで50yも飛距離UP…

  7. 7
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  8. 8
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  10. 10
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!