ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

新旧JGR対決で判明!

ニューモデルは安定してぶっ飛ぶ!

3人目のアマチュアゴルファー高田さんは、前モデルの「JGR」ドライバーユーザーだ。そこで、マイクラブと新しい「TOUR B JGR DRIVER」を打ち比べてもらうことに。計測データを見てみると、明らかな違いが。「TOUR B JGR DRIVER」は大きく進化しているようだ。

見た目、飛距離、打感…すべてが前モデル以上!

高田敦史さん 55歳 ゴルフ歴30年 HDCP13
見た目はアスリート感があるのに、実際に打ってみるとアマチュアにも使えるやさしさがある。そんな理由で前モデルの「JGR」を使っています。今のドライバーに不満はありませんでしたが、新しい「TOUR B JGR DRIVER」を試してみて、すぐに買い替えを決意しました(笑)。前モデルはややフックフェースで“つかまる顔”をしていましたが、今回はスクエアに見えるのに打ってみるとしっかりつかまってくれます。それに弾道も一段高くなって飛距離も出ているし、打感は格段によくなっています!

スピン量が大幅に抑制 打ち出しも高くなっています

鹿又氏)マイクラブとの比較で一番数値に違いが出たのがスピン量。もともとスピン量が多いタイプの高田さんですが、新しい「TOUR B JGR DRIVER」で打ったところ、約800回転もスピン量が減っていました。また、打ち出し角は10.2°から11.6°にアップ。キャリーは10y以上、トータル飛距離は15y以上伸びています。「買い替えたい!」という高田さんのコメントも納得ですね。


これまでの進化の度合いとは比較にならないほどの完成度!

近年はテクノロジーがどんどん進化し、「いかに飛ばすか」が細分化されている印象を受けます。そんな中、「TOUR B JGR DRIVER」は、単純に飛ばすクラブを開発したのではなく、日本人ゴルファーの目線で、構えやすさや打感など、感性を大切にしながら進化を遂げたモデルといえます。

ニューモデルが登場するときは、階段を一段ずつ上るように進化していくのが一般的ですが、今回は3段飛ばしくらいの進化の度合いを感じます。実際に試してみると、多くの人が「飛んでいる!」と明らかな違いが分かる打感、つかまり、弾道、やさしさがあります。ゴルファーにとって非常に魅力的ですね。高い次元で飛距離性能と安定感を融合している「TOUR B JGR DRIVER」は、プロだけでなく、アベレージゴルファーも恩恵を受けるドライバーです。




  1. 1
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  4. 4
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  5. 5
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  6. 6
    プレー&レッスン
    2015/04/02

    女子プロ検証から見えた! BESTなティアッ…

  7. 7
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  8. 8
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  10. 10
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…