ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

SLEルール内最大反発係数を獲得!

【PR】自身最大飛距離へ!
飛距離性能を極限まで追求した”限界ドライバー”
VOLTiO NINJA FG 829Ti BLACK

ゴルフの最大の魅力は“飛ばし”だ。カタナゴルフの「VOLTiO NINJA FG 829Ti BLACK」は、SLEルール限界値の飛距離性能を持つSLEルール適合の最高反発ドライバー。このモデルをカリスマクラフトマンの鹿又芳典氏が、トラックマンで計測したデータをもとに解説。また、アマチュアゴルファー3名に試打していただき、インプレッションを伺った。

”SLEルール限界の反発性能”
限界値実現のために作られたドライバー

2008年1月1日に施行されたSLE規制は、フェースのスプリング効果を抑制するルールです。(反発係数0.8301以内=CT値257とされていますが、正確にはCT値は239+18がルール規制内。プラス18とされているのは、大量生産における製造誤差に配慮しているため)多くのメーカーは、CT値257を超えないクラブを製造するため、限界値の2歩、3歩手前の数値を目標にしてクラブ開発をしています。
 そんな中、「VOLTiO NINJA FG 829Ti BLACK」は、ルール限界値のCT値257を目指して開発されたドライバーです。ルール適合内の最高反発値を実現しているわけです。限界値を狙った製品のため、全体の3割を破棄しているとのこと。それほど飛びにこだわって開発されたドライバーだといえます。CT値が1アップすると約2y飛距離が伸びるといわれていますから、その飛距離性能は非常に高いといえるでしょう。

驚きの飛距離性能!高い反発力とソフトな打感!

ルール限界を狙ったクラブのため、3割を破棄しているというほどこだわり抜いて開発された「VOLTiO NINJA FG 829Ti BLACK」。4ピース精密鍛造製法という点や、美しく仕上げられたデザインからも採算度外視といえるほどのこだわりの強さが感じられます。
アドレスしてみると、投影面積が大きく安心感がある形状となっており、フェースはスクエアに見え、打ち出しをイメージできる顔をしています。驚いたのは打感の良さ。反発力の高いドライバーは硬い打感のモデルが多いですが、こちらは心地よさがあります。フォージド製法ならではですね。フェースにしっかりと喰い付き、トランポリンのように弾くフィーリングでインパクトした後、ボールは高く上がりゆっくりと重い球質で飛んでいきます。直進性が高く、左右のブレが少ない点もポイントです。また、オフセンターヒットしてもスピン量が増えすぎず、安定した球筋が打てるのも魅力的です。


反発力はヘッド耐久限界!かつてない飛距離を体感できる!

ルール限界値の「VOLTiO NINJA FG 829Ti BLACK」を発売する一方、カタナゴルフは高反発モデルもラインナップしています。SLEルール規制が施行された直後は、高反発クラブに対してマイナスのイメージを持つ人もいましたが、今は「競技に出ないなら、飛ばしを楽しんでもいい!」という風潮が大きくなっています。実際、高反発ボールなども登場しているように「高反発」の需要は高まっているといえるでしょう。
「VOLTiO NINJA 880Hi GOLD/BLACK」は、ヘッド耐久限界まで反発力を引き上げたモデル。インパクトの弾き感はありますが、高反発フェースにありがちなボールが滑る感覚がないのがポイントです。トランポリンのような、つかまえて押し出すフィーリングが非常に心地良いですね。エンジョイゴルファーの方は、このモデルでゴルフの最大の楽しみである”飛ばし”を堪能してみてはいかがでしょう。

VOLTiO NINJA FG 829Ti BLACK

VOLTiO NINJA 880Hi GOLD

ルール限界値の反発係数だから初速&ミート率がアップ!

実際に計測してみると、43m/s前後のヘッドスピードで初速が64.4m/s、ミート率が1.48という数値が出ました。理論上、ミート率は1.50が最高なので、かなり良い数値が出ていることが分かります。その理由はやはりフェースの反発性能が高いからですね。芯でとらえたときはもちろん、オフセンターヒットした場合でも初速が落ちずミート率は高い数値をキープしています。結果、キャリー234y、トータル飛距離261y。43m/sでこれだけ飛ばすことができれば大満足ですね。

H/S 43.5m/s、初速64.4m/s、キャリー234.1y、トータル飛距離261.9y


次のページでは、アマチュアゴルファー3名の試打インプレッションを紹介します→



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  4. 4
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  5. 5
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  6. 6
    ギア
    2017/10/26

    [PR]な、なんと!7Iで50yも飛距離UP…

  7. 7
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  8. 8
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  10. 10
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!