ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

片山晋呉監修モデルの開発秘話を担当者に直撃!

[PR]HOTLIST 2017 GOLD受賞
「オノフ黒」は片山晋呉のこだわりが満載

「HOTLIST 2017」でオノフ黒シリーズの「フェアウェイアームズ」と「フォージド アイアン」がゴールドメダルを受賞した。昨年の赤シリーズに続く快挙を達成した黒シリーズは、グローブライド契約プロの片山晋呉が監修したモデルだ。彼のクラブへの強い想いが詰まった「オノフ黒」の開発秘話を担当者に聞いた。

グローブライド株式会社
スポーツ営業本部ゴルフ営業部
マーケティング課企画係長
飯嶋淳

ONOFF KURO Concept 「モデル別、番手別、最適設計」
「1本1本のクラブの役割が明確で、アマチュアでも使えるやさしいクラブを」― 片山晋呉

「ドライバー、FW、UT、アイアン、ウェッジ。各クラブの役割、機能が明確になっているクラブが欲しい」。新しいオノフ黒シリーズは、そんな片山晋呉プロの言葉から開発がスタートした。同社の企画担当者・飯嶋淳氏はこう付け加える。「細かくいえば、FWやUT、アイアンはカテゴリーごとではなく、番手ごとに役割と機能が違う。各クラブの特長が明確でなければ自分がイメージするショットが打てない。というのが片山プロのクラブに対する考え方です」。そして、もうひとつ。片山プロには強いこだわりがあった。それは、誰もが十分使えるやさしいモデルでなければいけないということだ。「シャフトを換えれば、片山プロでも70歳のアマチュアでも使えるクラブ。それがもうひとつのテーマでした」。

ONOFF DRIVER KURO 片山晋呉impression
「ボールスピードが明らかに上がっていて飛びを実感。やさしく、真っすぐ飛ばせる」

従来のオノフ黒シリーズといえば、赤シリーズに比べてヘッドが小さめでアスリートゴルファーが叩けるモデルという印象があった。しかし、「アマチュアでも使えるやさしさ」を求める片山プロのニーズを受け、従来の「叩ける黒」の要素を残しつつもヘッドを20立方センチメートルアップさせて460立方センチメートルへ大型化させた。テクノロジー面でも、ソールに2本、クラウンに1本の「パワートレンチ」を搭載。反発エリアを広げてオフセンターヒット時の飛距離ロスの軽減化を実現した。「パワートレンチを設けたことで、インパクト時にフェースが均一、かつ効率的にたわみます。これが反発エリア拡大のポイントです」と飯嶋氏。この構造はボールスピードの向上にも貢献しているようだ。


また、オノフ黒ドライバーは、インパクトでしっかり喰い付くような粘りのある打球感とやや弾きのあるフィーリングが特徴だが、「打球感、打球音にも強いこだわりのある片山プロも納得する性能に仕上げることができました」と飯嶋氏。
ところで、オノフのクラブは昔から顔の良さには定評があるが、クラウンに溝が入ったデザインを片山プロはどう感じたのか。「溝を入れる意味があり、その成果を明らかに感じることができるから何も気にならない。というのが片山プロの感想でした」。クラブに対する彼の考え方が垣間見えるエピソードだ。



  1. 1
    ギア
    2018/01/18

    [PR]カリスマフィッター鹿又さん直伝!失敗…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  4. 4
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…

  5. 5
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  6. 6
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  7. 7
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  8. 8
    ギア
    2017/10/26

    [PR]な、なんと!7Iで50yも飛距離UP…

  9. 9
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  10. 10
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!