ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

タイトリストドライバー「915」対「917」

アマチュアテスターの試打結果 その2

菊池知己さん(51歳)
ゴルフ歴:25年 HC:4
HS:44m/s 平均飛距離:255ヤード
持ち球:ドローボール

旧モデルよりやさしく飛ぶ『917』の勝利

「今回のタイトリストのモデルチェンジは明らかな進化を感じましたね。アドレスでパッと構えたときの印象は、ほとんど変わらないのに、実際に打ってみると、弾道の高さもボールのつかまりも格段にアップしています。私はドローヒッターなので、旧モデルの『915D』は左へのミスを怖がらずに振っていける安心感があるんですが、つかまりが良くなった『917D』でも、つかまりすぎるようなことはなく、なおかつ低スピンで飛距離が伸びました。全体的にやさしくなったなぁという印象ですが、弾道や球筋を打ち分けたりという操作性の高さは損なわれていません。これなら旧モデルを使っている人も、違和感なく新モデルに移行できると思います」

菊池さんの試打データ

画像上は、915の試打データ。画像下は、917の試打データ。新モデルのほうが飛距離がのびてボール初速があがっている。

舟山俊之さん(50歳)
ゴルフ歴:27年 HC:5
HS:45m/s 平均飛距離:260ヤード
持ち球:ドローボール

ソフトで食いつく感じのある『917D』の勝利

「旧モデルの『915D』、新モデルの『917D』という順番で試打しましたが、飛距離性能は確実にアップしているなと感じました。まず弾道が明らかに違います。『915D』はラインの出しやすい中弾道で、『917D』は打ち出しからボールが高く飛び出します。旧モデルはしっかりボールを上げて、飛距離を出すには、ある程度のHSが必要ですが、『917D』は平均的なHSでも使えると思います。旧モデルはややアスリート寄りで、新モデルは幅広いゴルファーが使えるモデルという印象。打感は好みが分かれると思いますが、私はソフトで食いつく感じのある『917D』のほうが好き。打音も旧モデルはやや高めでしたが、新モデルは低めに抑えられていて、こちらも上級者が好みそうです」

舟山さんの試打データ

画像上は、915の試打データ。画像下は、917の試打データ。スピン量が減りキャリーもトータル飛距離ものびている。




  1. 1
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    ギア
    2017/06/08

    [PR]ショットのフィーリングを揃えるには …

  4. 4
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  5. 5
    ギア
    2017/03/23

    [PR]QPさんも太鼓判!巷で噂の「ワンレン…

  6. 6
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  7. 7
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  8. 8
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  9. 9
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…

  10. 10
    プレー&レッスン
    2015/04/02

    女子プロ検証から見えた! BESTなティアッ…