ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

セルフフィッティングのすすめ

“カチャカチャ機能”、本当に生かしきれてる?

いまや各メーカーの主要モデルドライバーには、必ずといってよいほど搭載されている弾道調節機能(通称“カチャカチャ”)。しかし、せっかくの高機能も活用できなければ宝の持ちぐされ。そこで、ツアープロコーチ石井忍プロをアドバイザーに、ゴルフ上達支援システム エプソン『M-Tracer(エム・トレーサー)』を使い、カチャカチャを活用した“セルフフィッティング術”を提案してもらった。

“カチャカチャ”が当たりまえの時代に…

現在の主流となっている、シャフト着脱式でロフト角やフェース角、ライ角などを可変できる“カチャカチャ機能”付きドライバーが登場したのは、ゴルフクラブ規制の改正が行われた2008年の末。テーラーメイドR9とナイキ SQ DYMOがその先駆けだ。現在はこのシャフト着脱タイプと、それ以前からあったヘッドに搭載されたウエイトを交換して重心位置を調整するタイプ、この2つを複合したタイプの3つが存在し、プレーヤーが自分のスイングに合わせて弾道を微調整できるのが主流となっている。

現実は“宝の持ちぐされ”? 実際カチャカチャしている人は少ない

いまや、“カチャカチャ機能”が付いていないドライバーを探すほうが難しい時代。最新モデルを購入すれば、何がしかの弾道調整機能がもれなく付いてくる。ところが、多くのゴルファーはその高機能を上手に活用できていないのが現状だ。実際、弾道調整機能付きドライバーを使っているアマチュアに話を聞くと、「いろいろ変更して試してみるけど、結局は最初のノーマルポジションに戻ってしまう」「購入した直後に自分に合うように調整して、その後はずっと設定を変えていない」という人が圧倒的に多いようだ。

石井忍プロおすすめ! 『M-Tracer』を使ったセルフフィッティング

ティーチングプロ石井忍氏は、この現状について次のように言及する。「自分ではいつもと同じように振っているつもりでも、そのときの調子や体調によってスイングは微妙に変化しています。たとえばスライサーなら、アウトサイドイン軌道やヘッドの入射角がダウンブローという基本傾向は同じでも、その度合いがいつも同じとは限りません。自分では気づきにくい微妙な変化を、数値で明確に教えてくれるのが、エプソン『M-Tracer』です。その数値を参考に、現状の自分のスイングに合わせた微調整を随時行うことで、いつでも安定したパフォーマンスが発揮できるようになるのです」という。

結果にコミット! 安定したパフォーマンスを発揮!!

今回この『M-Tracer』を使用したフィッティングを試していただいたのは、競技にも出場するアスリートゴルファー舟山俊之さん。舟山さんもスライド式のウエイトを移動させることで重心距離を調整できるキャロウェイゴルフ グレートビッグバーサ ドライバーを使用しているが、結局はノーマルポジションのまま使用しているとのこと。持ち球はドローなのだが、ここ最近はボールが少しつかまりすぎて左へのミスが多く出ている現状。石井プロのアドバイスどおりウエイトを調整した途端、曲がり幅が減少し程よいドローで安定感が増した(※上記動画・GC2計測)。決して大きく飛距離を伸ばしたり、ヘッドスピードを上げたりということはないが、スコアに確実に直結する“安定感”を生むことが実証された。

解説/石井 忍
1974年生まれ、千葉県出身。日大ゴルフ部を経て、98年プロ転向。その後、コーチとしての手腕を発揮。現在は多くの男女プロを指導。エースゴルフクラブを主宰

テスター/舟山俊之
年齢:49歳、ゴルフ歴:25年、平均スコア:85、ドライバー平均飛距離:240yd、持ち球:ドロー。最近の悩みはたまに出るドライバーの引っかけ。安定感を上げたいと考えている


NEXT PAGE /『M-Tracer』フィッティング例をご紹介! →



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    ギア
    2017/03/16

    [PR]アイアンに求めるのは“やさしさ”と“…

  3. 3
    ギア
    2017/03/09

    [PR]“すべてが進化”したという、テーラー…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  5. 5
    ギア
    2017/02/16

    タイトリストドライバー新旧対決

  6. 6
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  7. 7
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  8. 8
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…

  9. 9
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  10. 10
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し