ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

スマホ、バッテリー、タフ、防水、画面割れ
ゴルファーのライフスタイルに頼れるスマホ

[PR]コースでは心強く!ビジネスではさり気なく! ゴルファーに、タフさを。

大自然と正面から向き合う全天候型スポーツ・ゴルフにおいて、如何なるコンディションにも即応できるよう、装備は万全であるべき。そんなゴルファーマインドにしっかり寄り添ってくれるスマホが、ドコモより発売の『Galaxy Active neo』だ。コースでは心強いほどタフに。ビジネスシーンではさり気なくタフに。手にすることで、ゴルフのマインドを密かに意識させてくれるスマホをご紹介!

プレーは決して乱さない!
むしろ、もっと使いたくなる「タフ仕様」

アウトドアシーンに、華奢なアイテムを持ち込みたくない。画面割れの危険が少なく、防水、しかもバッテリー長持ちで充電切れの心配もなし! そんなタフなスマホ『Galaxy Active neo』なら余計な気遣いは無用。

「キャップレス防水」で
雨も砂も泥も気にしない!

プレー中の突然の風雨に対し、レインギアは万全なのに、メールチェックやゴルフアプリなどがまったく使えないというスマホは、ゴルファーに寄り添えるアイテムとは言い難い。しかし、この『Galaxy Active neo』なら、雨も砂も泥も心配ご無用。深さ1m以上の水中に30分間浸漬、風速18m環境下での降雨試験もクリア。突然の雨にも、バンカーやベアグラウンドで泥や砂が付いてしまった手でも大丈夫。ゴルフコースでその扱いに気遣う必要はない。

「バッテリー温存モード」で
 残量を気にせずフル活用!

ゴルファーにとって、スマホはゴルフを断然楽しく快適にしてくれるアイテム。欠かせないゴルフギアと言っても過言ではない。各コースに対応したスコア記録アプリを使えば、スコアカード要らず。継続的に記録を残せば、改善すべき課題も見つけやすくなる。GPSによるヤーデージ計測アプリがあれば、ヤーデージ杭に頼らず、正確な残り距離をピンポイントで把握できる。コースでアプリを駆使する上で唯一心配なのは、スマホのバッテリー切れ。『Galaxy Active neo』なら、本体横のアクティブキーを長押しすれば、すぐにバッテリー温存モードへと切り替わる(*)。残量が不安なときにもスマートに対処できる優れものだ。

*一部対応していないアプリがございます。ご了承ください。

「ホームボタン2度押し」ですぐ起動!
ゴルフの思い出をスマート撮影!!

華奢なスマホだと、ゴルフのプレー中に、なかなかカメラを構えられないというのが実情…。気の置けない仲間との楽しいひとときを、目いっぱいカメラに残すつもりで臨んでも、取り扱いが慎重になる華奢なスマホでは、どうしても撮影を躊躇してしまう。自分のプレーに追われているときには、スマホのカメラ起動する手間だって鬱陶しいものだ。『Galaxy Active neo』なら、濡れた手はもちろん芝や泥や砂で汚れた手でもスマホを壊す心配がないので撮影チャンスは大きく広がる。ホームボタンを2度押しすれば、簡単にカメラが起動。スポーツモードにすれば、ブレにくく、スイング撮影もバッチリ! コンペや仲間とのラウンドをいまよりちょっと盛り上げるために、『Galaxy Active neo』のカメラ機能は一役買ってくれることだろう。

画面下の「ハードキー」で
グローブしたままラクラク操作!

ビジネスマンとしてプレー中でも気になるのが、先方からの着信やメールの履歴。ハーフ約2~3時間かかるラウンド後にチェックとなると、かなりの損害となるのは周知の事実だ。そんな中で同伴者のショットとショットの少しの間でも済ませられたら…。 『Galaxy Active neo』ではタッチパネル以外にも3つのハードキーが装備されているので、グローブをはめたままでも操作が可能。まさにスマホの欠点を補填したスマホ、それが『Galaxy Active neo』なのだ。きっとこの快適性をあなたはコースでより一層実感することだろう。

アプリの立ち上げが超軽快!
操作も便利な「アクティブキー」

いますぐ使いたいアプリをすぐに起動させたい。ゴルフでは、他のプレーヤーに迷惑をかけるようなスローな行いは望ましくない。人を待たせるような冗長な振る舞いは、たとえ気の置けない仲間とのプレーであっても、ゴルファーとしては避けたい。すぐ立ち上げたいアプリは『Galaxy Active neo』のアクティブキーに登録しておく。そうすれば左脇に位置してあるアクティブキーの1度押しで、すぐに登録したアプリが立ち上がる。スコアの記録アプリやヤーデージのチェックアプリなど、プレー中でもすぐにチェックが可能となるのだ。

NEXT PAGE 「ビジネスにも、タフさを。」→






  1. 1
    ギア
    2016/05/26

    “音”で選べ! 2016最新ボール試打検証

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    ギア
    2016/05/12

    [PR]「レジオ フォーミュラ B」かつてな…

  4. 4
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  5. 5
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し

  6. 6
    ギア
    2014/07/10

    夏こそマッスルデビュー! “キレッキレ”のア…

  7. 7
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  9. 9
    プレー&レッスン
    2015/04/02

    女子プロ検証から見えた! BESTなティアッ…

  10. 10
    ライフスタイル
    2016/04/19

    GDOアマチュアゴルフトーナメントが 日本最…