ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

プロも上級者も納得のフィーリング

あなどれないぞ! ネオマレット

「上級者はピン型、初心者は大きなヘッド」――以前までパターにそんな固定観念を持つ人は少なくなかった。しかし現在のツアープロを見渡すと、“ネオマレット”と呼ばれる大型モデルを使用している選手が多いことに気付かされる。ひと昔前のネオマレットとはどう違うのか? その進化と上手な使いこなし方を学ぼう。

一番のウリは“安心感”

今回のテーマも、『あなどれないぞ!』シリーズでお馴染み、トップアマの遠山幸夫さんに解説をいただいた。
「ネオマレットのメリットは、構えたときの安心感とラインをイメージしやすいことです。ピン型パターに比べヘッドが大きく、アドレス時、ストローク時に視覚的な安心感があります。またデザインも様々なタイプが登場し、まっすぐ打ち出しやすい、まっすぐストロークしやすいと、より感じやすくなっています」。

最近のモデルは「ビ・ン・カ・ン!」

ネオマレットを敬遠する人の一番の理由は、ストロークやインパクトのフィーリングがぼやけてしまい、タッチが合わせにくいという点。しかし、遠山さん曰く「イマドキのモデルはヘッド構造やフェースインサートが進化しているため、昔のような硬さや鈍さを感じません。フィーリングの良さと大型マレットの特長を両立させたモデルも登場しているので、自分の感覚を大切にする人にもオススメです」とのこと。その敏感さがツアープロや上級者にも好まれる理由のようだ。

「さらに拡大したスイートエリア!」

「スイートエリアが広くなっているのも、最新ネオマレットの特長です。例えば、ボール2個を並べて打ったとき、ピン型パターに比べボールが止まる位置の差があまり出ません。これは芯が広くなっている証拠です。芯が広いという安心感があることで、心理的にもスムーズに打ちやすくなります」。

解説/遠山幸夫さん
日本大学高校、中学ゴルフ部コーチ。神奈川県ゴルフ協会理事、神奈川県アマ競技委員も務める。日本アマ出場などの経歴の持ち主。クラブの造詣が深く、アマチュアながらギアの雑誌、WEBなどの試打企画に出演する機会も多い




  1. 1
    ギア
    2017/10/26

    [PR]な、なんと!7Iで50yも飛距離UP…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  4. 4
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  5. 5
    ギア
    2014/08/21

    「4本ウェッジ」のススメ

  6. 6
    プレー&レッスン
    2015/04/02

    女子プロ検証から見えた! BESTなティアッ…

  7. 7
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  8. 8
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  9. 9
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  10. 10
    ギア
    2014/09/24

    あなどれないぞ! ディスタンス系ボール